ひまわり

ひまわり

人類モナドは自己満足の件における単なる自己満足の対象だよ。何か問題でも?( ・ิω・ิ)ナンノコッチャ  (  ) (  ) シ~ン

上流相模民からのお知らせ

神奈川県の黒岩知事が、相模原の城山ダムを発表した時間を待たずに緊急放流開始汁との報告🐜。

おまえら足が臭いだけの下流国民は、不意打ち喰らって逝ってよしヾ(^0^ゞバカドモ ~

命を守る行動すりゃいいじゃん。|ω・`)チラ  (  ) (  ) シ~ン

 

千曲川が氾濫している。(長野市穂保) 自衛隊の皆さんご苦労さまです。 

トヨタ | 通れた道マップ

信濃川・千曲川の水位情報 - Yahoo!天気・災害

千曲川河川事務所 千曲川・犀川ライブ映像

栃木(佐野市秋山川、宇都宮市田川)・福島県須賀川市阿武隈川)でも決壊している模様。

一度温帯低気圧化したものが、東北海上で再組織化しておる。

風が強くなっているので、しばらく要注意。

 

 

薔薇の十字架 その179

南アフリカランドってな~ん。(゜ρ゜)

なんか、最近は牛乳とともにバヤリース オレンジが必須になってきて困る。

俺みたいな、”時代に逆らうヘビースモーカー共”はこれでビタミン補給すればエエよ。

(青汁はちょっとな(^^;)

 

さて、経済学を科学的なものにしたいなら、貨幣をエネルギーと見做すことは重要だろう。

それを自然エネルギーや宇宙のエネルギーと紐づける必要もない。

それが、いわゆる”閉じた系”かどうかを同じように見ればよいだけ、なのである。

エネルギーとは、力を量子化しただけの統一的(数学)概念である。

それが意味するものは可計量化であり、可視化と密接に関係するというか一部だ。

たとえば事象の生起確率とその支払いコストから利益分を上乗せした月々の加盟料。

保険というビジネスはそういう計算で成り立っている。

信用創造ってわかりにくいだろうが、刷った紙幣(ただの紙切れ)を国民に貸し出す側の論理(市中銀行)からすれば、担保しているのは不動産などの財産や収入への将来価値への信用なのだから、これが借用書としての債権価値になっとるってことだよね。

で、負債は誰かの資産なのだからバランスしている。

これは釣り合いの式やエネルギー保存則に相当する。 だよね?理工(利口?)系な皆の衆!m9(o_o)

これには政治力や権威の入り込む余地など一切存在しない。 科学的な反論が不可能だからだ。

科学者でも反論できないのに、財務省中央銀行の馬鹿共が反論するとはこれいかに。

 

誰が運営主体でも関係ない(ゆえにパペット畜で十分)というのはそういうことだな。

そのバランス可視化が、複式簿記なる金貸しフォーマットのナニワロスチャイル道なのだが。

要するに、増えも減りもしないものにビビんなよと言っている。

利害により、総論と各論で意見が割れるのは何事も同じ。

 

経済学部中退の自分が科学を肯定したのも、たまたま技術分野で仕事したというのもあるが、その公平性や人間が作り出したものへの超越性があったのではないだろうか。

それは宗教の代替品と言っていいだろう。

と言ったら怪訝な顔されるかもだが、科学をただ単に妄信するだけならば、それは”宗教”である。

つまり、それはまだ科学的な態度ではなく、むしろそれと正反対のものである。

という意味では自ら(というか一人一人)に科学力は必要だね、というのを含めた肯定ということ。

要はおまえらのキライだったり苦手だったりするお勉強の肯定だよ。(俺かw)

てか、お勉強の中身が間違ってんじゃねーか、みたいなことに気付いたことすら多々ある。

生意気にもほどがあるけどさ。 それも俺の中でパラダイムシフトが起こったからだよ。

それほど自分の考えってのはデカいんだ。 だからネットを守るなんてのはあんまり心配してないの。

ひとりひとりが、自分の事と実感すりゃ黙ってても必要なことやるだろ?

ただし、スマホは知らんぞ。 絶対、やられ放題だと思う。 それでエエよっていうならいいじゃん。

陰謀はあっても、その実現コストってのもある。 それは”戦略”の計算に入れておいた方がいい。

てか、孫は総務省から無駄な抵抗はやめてとっとsim解除せいって言われてんだろ?

だったら、ついでに手榴弾の安全ピン解除みたいな機能も組みこんじゃえよ。

スマホは刀狩り不可能な手榴弾として流用可。参考

幇助するわけにもイカンので自らの禿自頭で考えされたし。

俺の反応といえば、インフレと若者は制御不能ですな!( °Д°)クワッ  みたいなw

てなわけで、罪務省 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1を再掲しておきます。

ナビあるんやで。(;^o^)□――□(•̀ω•́ )ゞ

人生に絶望する運命のスマホ坊は、その有事の際は、速やかにレア資源をエリートDQN殿様に、なるべく乱暴に納品されたし。(  ̄- ̄)

そもそも、おまえらはただ生きようとしてるだけだから無条件にやつらに殺されるのだ。

いっぺん、その存在意義を棚卸してみるんだな。 天に宝を積むってやつ。

金は生きていく上で必要かつ大切なものだが、この世のゲームセンターのコインに過ぎない。

だから、俺が儲けようなんて思ったら、それは間違いなく単なるお遊びだ。

つまり、それが死神のお仕事、御役目じゃないわけだ。$\Rightarrow$  やりたいとか言ってない。

世間一般的な仕事に励んでたら、ちょっと何やってんですかみたいな。ポイント逆還元ですわ。

これで、足が臭いだけのおまえらにアウトソーシング済という認識で良いか?<●>

 

ほう、外堀は埋まった、となっ。

ときに、サルチュ~ルのドラギってギドラのシフトローテートじゃん。 ね?Q様。

なに大人しくなってんだよ。 泣く子も黙る、だろ?

俺達は、人畜からしたらビルをなぎ倒しながら都市草原を進撃する怪獣なのだ。

人生は一歩たりとも引き返せない。 だろ?<●>

ジャミラは怪獣になってしまった宇宙飛行士の物語だ。 怪獣ならば、それに徹しろ。

喧嘩つうのは基本的に自分より強いものとだけするんだな。 それが男のルールだね。

おまえらの盗聴ツールに記録を残す必要はないw。 そのテルエンパシーで十分だ。

MMT現象はユダ金特権を公民主化するためにある。<●> これは戦争なのだ。

俺の元で動くなら、責任は俺にある。 東の宝と書いて東宝と読むのですね。(ロ_ロ )

 

<۞>×<●>

薔薇の十字架 その178

自民党の西田センセーがMMTに関連してなんか言っとるで。

俺がイマイチ旨く説明出来ない部分だから。

 

国会議員がこんなレクチャーを国民に直々にするってのも凄い時代だなと思うんだが。

こんなの密室、ではないが元々国民のあずかり知らないところで動いてる世界だからね。

こういうのが、しばらくは日本の政府のフリをするってことだが。

ゴミの出し方なる、ケツだけ持ってきよったと思って間違いない。

まぁ議員では少数派だろうな。 日本はお金のことをまったく教えておらん。

インターバンクなんて知らんだろ? FXってのは外国為替で実は取引所なんつーもんはないのよ。

専用線インターネットみたいなもんで、管理者なし! プレーヤーは銀行だけ。

ただ、急激な値動きに対し”市場介入”はするわけだよ。

ま、これが日本は為替操作国だ、なんて批判を浴びるネタだが、自国通貨を安定させて何が悪い!

前にも言ったけど、USDJPNてのは取引の方向性ではなく単に金融界での格付けを意味している。

財政支出を受けるのは国民つうのは、もっともらしい欺瞞だな。 業者=日本国民てわけでもないし。

その誰かの金が増えるって構造が怪しいわけだよ。 一般国民に還元される仕組みは全くないだろ。

そもそも、それがおまえらのモチベーションだと思ってるよ。献金は違法じゃないし。<●>

MMT理論自体は、国家収支は赤字でおkとかw、札は無制限に刷れるって言ってるわけではないが。

刷れるけど(予算制約はない)、価値もなくなるで(インフレ制約)ってことだよね。

政府の財政が破たんするから消費税とか嘘八百言ってんじゃねーよ!ってこと。

そんな子供だましを信じてる愚畜民共。 この国を駄目にしてるのはそれだが。

おまえらが望んでんじゃねーの? じゃ、そのままエセギュージリーやってりゃいいじゃん。

そんなん、俺のサンドバックではあり続けるケドさ。<●>

消費しよーがしまいが幸福度なんて変わらねーもん。

断捨離がトレンドである高齢社会に、インフレ圧力なんてどこにも影も形もない。

財務省のクソガキ共って、いまどき物に飢えてた世代のゴミ屋敷メンタリテイなん?

で、経済学なんてのは科学じゃないから仮説の検証が行われないパチモンが多いんだよ。

そこを科学的にやっていけば、人々の信頼は得れるし、既得権益なんて人民の利益ではない。

経済学を科学的に見たいというのは自分にもある。 今やその実力もあるとは思うが爺だ!(ω・。)クルッ

(日本の経済分野に自頭のいい人ならおるが、科学的な人材は皆無である。

金融工学は、NASAでロケットとかやってた連中が予算の関係であぶれて草刈り場にしたもの。)

ま、財務省がどう見るかだろうな。 民間レベルのジャパンハンドラーならいいんじゃね?

 

紙幣のルーツはきんの預かり証。 一旦預けたらわざわざ替えないじゃん。

そこに預けられたきん以上の預かり証を秘かに刷る余地が生じる。

その余剰証を利子を取って貸し出したんだな。

なんとか利益を得たいわけだから。 当時は仮想通貨を発行汁ニートみたいな存在だからね。

それが銀行(後の中央銀行)のルーツ。 素朴なもんだね。

これが洒落にならん力を持つようになるのは、国王に戦争させて借金させるように仕向けてからだな。

後に銀行は国営となって、それが中央銀行。 むっちゃザックリしてて生々しさに欠けますがw

今の人間が、祖先を何代か遡ってもまだ生まれてないくらい昔の話なんだから。

元祖中央銀行イングランド銀行で、シティはイギリス内のバチカンみたいな自治区になっている。

その株主がロスチャイルドなどの(新興!)欧州寡頭財閥系一族なんだよ。

ユダヤ人なのは、そもそもそんな仕事(?)やるやつはいなかったからだと思われ。

国営(政策に関わる)なのに民間人の持ち主がおるっておかしいじゃん。そこが諸悪の根源なんだよ!

FRBやCFRだって、やつらのアメリカハンドラーだからね。

今でも、ベトナムでは銀行なんてものは人々の信用ないのよ。 賢い国家、国民だね~w

日本でも、田舎行けばそうだよ。 だから農協系金融なんてものがある。

ま、誰がやってもいいんだけど、今から始めるやつとかアホでしょ。

一億総手詰まり!\(゚`∀´゚)/ミンシュ ジェ~ム

まぁ共産主義というのもあるけど、労働が美徳って社会なんだろうな。

イギリスだって、もともとフランツ王国の労働者階級側だからね。(フランスは王室貴族側)

ここまでは自民党の西田は言えんからなw あくまで経済学のお話の範疇で。

 

<۞>×<●>

薔薇の十字架 その177

「人間の仕事の処分野のうちでも金融の世界くらい、歴史というものがひどく無視されるものはほとんどない。」ガルブレイス

 

資産を運用して利ザヤを得るというのは、本来価値と現在の価値(価格)とのズレに注目し、その不均衡が修正されるリバウンド効果によるものである。

もちろん安く買って高く売るというトレードによる利益の原則は変わらない。

貿易不均衡(戦争)というのは、そもそも輸出国と輸入国の通貨価値の差によって生じる。

アジアの通貨は弱い。 だから買われるのであって、品質が高いとか優秀ということではない。

円高の理由は今やそれだけ、だろう。

(もちろん、同じ条件配下での競争はありコストパフォーマンスは常に重視され続ける。)

 1ドル100何円てたしかにまだ全然高いよな。 それが国力の差ということなのだろう。

デフォルトの危機に直面している国がだぜ? おかしいじゃん。

個人的には逆のレート、つまり1円100ドルくらいでも全然妥当だと思うがw

通貨当局が発行している紙幣がペッグしているものは主成分貴金属(貨幣)への交換保証である。

手持ちの紙幣を全部貨幣に替えれば、皆たちまち大金持ちである。(誰もやりかたがらないが。)

ちなみに、溶かすのは法律により禁止されている。 つうことは外国でやれば合法なわけか。

てなわけで、その筋からは欲しがられるだろうが、ポンドやドルには及ばないということだ。

 

そのような通貨価値の差というのは、自国の通貨は(本来価値より)割高であり、発展途上国の通貨を買い占めるという行為に繋がる。

これがヘッジファンドによってもたらされた、アジア通貨危機である。

今から思えば、それはごく普通のソロスの言う再帰理論的行動だったのだ。 自由貿易の世界なら。

なんせ、割高の通貨が無制限に生産出来るのだ。

なぜかとばっちりを食ってデフォルトもしくは寸前まで行ったのは途上国だった。

ちょうど、とある銀行さんから先程いただいた資料にもありますけどね。

女性ばかり4人で、ちょっとビビッたw なんか懇意にしてた人が移動で引継ぎなんだと。

他銀行に振り替えたのも思いっきり監視されてるのな。てか、振替限度額変えやがったw

f:id:MDV:20191004202013p:plain

結合テストかよっ!( °Д°)クワッ

あ~FXでユーロでも買おうと思いまして、とかなんで奥さんでもないのに言い訳がましいことをw

「そうですね~。外貨預金はありますけど手数料も高くて銀行はFX禁じられてるんですよ~」とか。

プロからしたら歯がゆい状況なのだろう。ドルコスト平均による積み立てとかになるわけだからね。

1997年7月ですか。 そんなん知らんてな人もいっぱいいるんだろうね~。(  ̄- ̄)

タイ(バーツ)がドルペッグ制をやめて切り下げたんだね。 輸出産業政策ってことだろうけど。

風が吹けば、じゃないけど他のアジア通貨は減価した。さぁ、なぜでしょう?

持ってる金の価値が減るのだから、モロに普通の生活を直撃するわけだよ。 

これは今の状況で例えれば、ステーブル以外の仮想通貨の状況だ、と言えばピンと来るかな。

もし、人々が喜んで仮想通貨で取引していたら、今頃大恐慌が起こってるわけだ。

 

いくらでも刷れるものに価値を付けるには必ずなんらかの担保が必要だ。

実際、東南アジアで取引してもドルか円でくれというのが圧倒的に多い。

取引量が多いということは、それだけ受け取る人がおることで、これが信用の取引なのだ。

つまりその通貨でないと買えないものが多いほど、その通貨は相対的に強いと言える。

トレードを商品化した場合の通貨ペアってやつね。

通貨危機対策なのか、安い通貨は買えない(買わせない)ようにしているところが多い。

取引量の制限とかね。 それが通貨の安定(ボラティリティ)ということで監督省庁によるものである。

ま、産業は空洞化しても、余剰元気力を建設的に使えれば富裕権だけは担保出来るというべきか。

もちろんそれには、現状の見極め(分析)、方向(戦略)転換、インフラを含めた態勢、仕組みづくりと気の遠くなるようなコストは掛かるわけだが。。

なんせ、本来ならいちいちその国に銀行口座開いたりせにゃならんのだから相当面倒くさいことなのだ。

もちろん、ビザやパスポートも要るよね。 最大のネックは言葉だ。

同じ国内の振り込みでさえ手数料とか掛かるんだぜ?

自分のであれ人のであれ、その労力を無視することなかれ。 それは常に価値を持つ。

 

米ドルがデフォルトするなんて絶対にない、と思います。

そうメガバンクの役員担当は告げて、電池寿命約5年のワンタイムパスワード生成器の替えを置いた。

国際的なインフレは物価に影響しますよ、とも。 たしかにな。。

高齢化社会では、値上げは叩かれるが減量は比較的スルーされる。 皆必死で生きている。

国内だけを見ていたら、国内で起こる現象が理解出来なくなる。

個人的にはやっぱベトナムへの投資しているということだった。インデックス買いとかだよ。

直接(個別銘柄に投資)出来るんですか?ってびっくりしてたね。 やっぱ銀行さんお固いわ。

胴締め持ってくで(;^o^)□――□(•̀ω•́ )ゞ と言ったら理解した。

国内で遊ぶだけなら投資なんて必要ない。

ポンドとかドルって国が(もっぱら輸出のため)下げようと思っても下がらない。

これは法定通貨市場(つまりマネーサプライ)を発行当局が制御出来ないことを意味している。

だから、中央銀行の政策なんてものは、今や完全に意味のないものになり果てとる。

自信があるのは、今や国への債権回収だけナンでわ?と言っておいた。担保は君達だ。

 

ま、皆に十分行き渡っているのなら、これは民主的な意味で結構なことなんだろう。

そうなれば、金融危機は(無意識的に)民が支えようとするだろう。

やつらの狙いはそこにある(それがゴミの出し方と表現した管理上のデメリット)だろうし、そこは(半戦争状態でも)手打ちになりやすい。

中央銀行の制御権が希薄になった今、日本には累々とした分厚い投資(凍死)中間層が潜在的におる。

もちろん、そこで問題となるのが貧富や環境の差である。

そもそも、産業が空洞化するくらいでないと金融なんて発達するわきゃないのだ!

特権的アドバンテージはあったものの、本質的には地味で虚しいゼロサムデスクワークなのだ。

割のいい収入源がそこかしこにあるのなら、みな外に出るに決まっとる!( °Д°)クワッ

だから、儲けようなんて感覚ではなく、経済局面の次の一手を考察するゲームとして捉えれば、これは生きた経済や国際情勢の教育機関以上の教材となるだろう。

(手数料商売主体として)利ザヤの低い教育的なトレードが出来る環境を提供しているところはある。

その方が少数の大口相手より総利ザヤが大きいことが理解出来ないのなら、その事業者は淘汰される。

それが、マクロで見ればボラティリティの小ささに貢献する。(博打の旨みはない。)

通貨にとって、それは非常に大切な性質だ。

そうなれば、マネーロンダリング幇助のエロ代官ではなかったのですね(ロ_ロ ) と見直されるだろう。

そうなる前に自発的に動けよな。 やつらのケツを叩くのは今しかない。<●>

要はどこ向いて仕事しとるんだ?ということ。

結局、奴隷であろうがなかろうが、売り物というのは人のために流す汗にあるのだよ。

働くとは、どこでなにをしていようが人を助けることを言う。 無頼の徒には外貨など不要だ。

ちなみに秦一族で一番偉いのはお蚕様なんだぜ。 なぜなら(絹織物で)外貨を稼ぐから。

俺達ぁイモムシ以下の東洋の穀潰しイルミナティですが、それが何か?(`・ω・´)

薔薇の十字架 その176

b( ゚з ゚ )□―(ドル高杉ヨロ)―□(∩ ^ิД^ิ )アー

 

ゼロ金どころかマイナス金利、すなわち金やるから借りてくれっとやっても誰も借りぬ。

要するに、この国に未来がないとの国民の認識率は老若男女100%に達しているということだ。

国民の方が賢いのだから、日本を本物の民主国家にしてやろう。<●>

日銀が株を買い占める、なんてことに国民の実体経済的な意味などないのだ。

その意味は、日銀が恐慌を起こすタイミングを握ったということにある

バブルが弾け、企業価値がピクリともしなくなる前に何かにシフトしておく必要はあるぞ。

では、どこに逃亡すればいいのだろう? 逃亡てか生き残るためには消去法でそれしかなかろう。

(それが企業の海外移転である。 彼らからすれば、国内に居るのは座して死を待つ茹でガエルだ。)

金を逃がす、体を逃がすというのがあると思うが。

金を逃がす行為が、海外預金とか証拠金取引(FX)とか海外株取引であるが。

やっと各社も足並みは揃ってきたが、おととい来やがれという感じであるのが利食い目当て臭い。

ただ、まだ円は(不当に)強い。 それが逃亡を始めたら一気に市場に出回ることを意味し、それが円を押し下げるのだ。

それが需要と供給の関係だよね? 円が安くなれば必要に応じて買い戻せばいい。

それが、個人的な外貨準備金という概念であり、一国(一城)の通貨ポートフォリオによる安定化という選択肢を持つことになる。

もっとも両替商自体がコケたら元も子もないので、そこはリスクをとらねばならない。

そもそも日本という国が存続するかどうかも非常に怪しい、というのが原日本人としての見解だ。

もっとも、私一人いればどこででも日本を再び作り出すことは出来るがね。

そうなれば、今の占領民は自動的に”日本人”ではなくなる。

私のいるところを日の本と呼び、太陽シンボルを掲げる唯一の所となるのだ。

 

円の(潜在的流動性は、もはや国内にあらず。 てか、消費行為は別だけどさ。

国内消費行為は、当然最小限に抑えられるのは皆が予想しておるとおり。

つまりデフレ不況は続いたまま、次は円の価値だけが国際的に目減りしていくのだ。

さて、では各国の通貨モナドを考察しよう。 それがわからなければリスクは分散されない。

たとえばイギリス連邦系の通貨だけなら、居住文化圏の意味ではアリだが、リスクヘッジにならんね。

f:id:MDV:20191003062842p:plain

 もっといろんな通貨があるのだから、いかにこの国がイギリス連邦の属国なのかということだが。

まぁ、金融の歴史はロンドン抜きで語れない。 格は厳然と存在し続けている。

これ見てもユーロと米ドルが連動してて、ポンドとカナダドルが連動しとるのが見てとれる。

つまり、似ているモナドは交換する意味がないのだ。

ポンドが落ちるのはわかるが、円に対してはほぼ横ばいだ。 ここに気付かねばならない。

日本も条件は同じようなものだ。

一帯一路なる経済文化圏がAseanを取り込めば、日本はたちまちアジアのイギリスとなる。

てか、世界の人はとっくにそれを知っている。

ここから見てとれるのは、経済制裁出来ないリージョンの通貨は弱いということ。

タイムラグはあるだろうが、早くも日本は、日本だけが成長著しいアジアのお荷物となっておるのだ。

人件費が高く少子化する中国もそうなる可能性はあるが、政府の投資がアホなだけで実体経済は残る。

法定通貨に替えるだけなら為替リスクくらいしかない。 逆に言えば金を有効に働かすまではいかんが。

という意味では投資とは言えないかもだが、日本に住み続けるつもりなら、やがて確実に弱くなる円を買い叩ける手段(通貨)を、長期的な円高のトレンド頂点であろう今から保持っておかねば、来たるべく長期的な茹でリスクヘッジは不可避ということ。

要は、それが元々の信用ない当局支配に対するアンチテーゼ仮想通貨の本質だったのだ。

それが法定通貨とペッグするくらいなら直接法定通貨買えばいいよ。 僕サトシな~ん?(゜ρ゜)

国民は一国一城主となり、生活防衛のため信用ならん自敵国と控えめに言っても距離を置く必要がある。

今でも、決済に使われないのに流動性が高いということは、既に民主基軸通貨化しておるということだ。

じゃ円で持っときゃエエじゃんて? 今まではね。

で、長期的に見たユーロ/円の推移だけど。

f:id:MDV:20191003113407p:plain

やや下方の減衰曲線(収束気味)てところだね~。まぁ一時期に比べたらまだ安いよ!

たぶん、ギリシャの件とかユーロ危機なんてのがあったから、まだ不安もあるんだろうが。

イザとなったら殿下の宝刀Googleセンセーカツアゲ税がありますがな。

そもそも制裁金支払いて、ユーロならユーロ建てなんだから制裁準備金特需も発生するね~。

てか、バベルの塔はやつら<۞>の本丸じゃないのか?って。

いきなりラスボスクリアの画面とか逝かないから。 電子紙芝居屋のおっさんとしては。

まずは獅子身中しししんちゅうのギュージリー気取り虫共への東宝怪獣制裁祀りからだ。

てなわけで、後でな。ヾ(^0^ゞバカドモ ~

 

薔薇の十字架 その175

昨日言い忘れたが、金は何もないところから貸し付けられるというがあったかと思うが。

これはあくまで発行体だからである。何もないところから貸し借りの権利関係が発生するのだ。

もっとも顧客をつけにゃならんのだから、不労所得とは言えないかもしれないが、チートである。

発行体から見て、自分が発行してるものを返してもらって何うれしかろ。。

そこはMMT理論とやらでも言葉を濁してるとみたww そんなものは要らんのである。

やつらの欲しいのは、担保であり債権なのである。

銀行っても市中銀行にはそんな権限はない。医者と看護婦くらい、その地位は違うのである。

今や、市場介入による配当金目当ての私企業モロだしのチンピラに過ぎないw 日銀バランスシート

だが発行主体だ! 金なら要らんハズ。。 こんなの経済活動でもなんでもない。

 

さて、日本には資源がない、ということは。

海外から資源を輸入して海外に加工品を売るというビジネスモデルしかない。

それが製造業であり、マクロ経済で見ればそれば輸出産業という位置づけになる。

というのが、一貫して戦後の高度経済成長期における基本スタイルであり、過去の成功体験である。

(もっとも、自由競争のもとでは道中、屍が累々と積み重なっておるので単純には言えないのだが。)

それも既に生産拠点は日本からアジアにシフトしている。

モノづくりの開発工程は、おおまかに言えば仕様>設計>実装>試験というプロセス(フェーズ)を経る。

その仕様決めに影響するのが、標準化機構である。

日本国内ではjis規格があり、国際標準化機構isoはスイスに本部がある、第二次世界大戦戦勝国で構成される国連組織である。

日本がモノづくり自体の技術はあっても、世界的に苦戦するのにはそういう背景がある。

そして、世代交代を経てその技術力も失われているのが現実である。

産業空洞化は、必然的に消去法としての投資に向かわせる。

アメリカがアジアの成長を取り込む、なんて言っているのはそれで、既に衰えている証拠なのだ。

日本も同様、であることは今やはっきりしている。 だから日本はアメリカを見続けている。

同じように、アメリカは阿鼻叫喚の”過ぎ去りし合衆帝国”イギリスを見ている。

 

そもそも産業革命はイギリス(蒸気機関)から始まった。

それはメカ→電気→コンピュータ→インターネットと派生的な技術革新となって引き継がれている。

今ならAIとか電子決済、セキュリティという方向かな。

電子決済が進まないのは各社バラバラだからだと言ったら、今こそニーズ的説得力があるのだろう。

だが、それはもともとある潜在的な問題であり、それを悟ってる者は手を出さないというワケ。

それは技術的制約、などではない。 それが民主的な自縄であることは皆感じておることだろう。

皮肉なことに電子マネーが普及する国は、必然的に共産国だけになるのだ。

ここにイデオロギーという、過去の遺物とも思えたものがリアルな進撃の金盾wとなり立ちはだかる。

利己的なビジネスなんて成り立たない、というのが経済における自然法則である。

このように”神の見えざる手”は、政治経済、科学技術、その他あらゆる面に現れる。

問題は神はどこにおるのだ? なにをもって”神”とするかだろう。 神には仕様がない。

それが自由ゲー世界線というものだろうが、要は何が機能するかで測られていくようになるということ。

中国人の知り合いがいればわかるが、彼らは皆微信ウィーチャット)でコミュニケーションしている。

電子マネーが紐づけば、共産党は見張りつけなくても管理出来るというわけ。

それだけでなく、控えめに言っても各国へ手配した植民シギントのようなものだ。

さすが計画経済。 正直、うまいやり方だと思うし、国策を持たん日本よか有能。

もっとも、それが露骨だったら自由の空気を吸った中国人自体が敬遠するだろうが。

共産党にシンパシーとか持ってねーしw

一説によれば、第二の華為(ファーウェイ)は微信である。

それが根も葉もない話であろうハズがない。 てか、気付いた頃は手遅れというレベルである。

ひとたび国家による線引きを行えば、それは民主国家サイドの内政干渉と言いだすだろう。

はしごは突然外される。 これが人民の偽らざる本音であろうが、帰る場所はやっぱ母国かな。

皆一緒なら安心という草食系メンタリティーは、民主化というサバンナでこそ強化されるモナドだ。

そこは今や日本人となんら変わらない人畜特有のものだ。

おまえらも、俺がスマホは焼き払えぃ!( °Д°)クワッ と言っても聞かないもんな。

俺は伊達に吠えとるキチガイじゃないからなw そう思わせたかったやつらは今や負け組だろう。

少子化の国の子供というのはとにかく使えんものだ。

今や餃子の皮くらい自分で作るアルよ!( °Д°)クワッ と俺が中国人に熱血指導する時代である。

 

国民投票によりEU離脱を決定したイギリスは、合意なき離脱なるやつらのジンテーゼに直面している。

これが見せかけの、アンチテーゼとしての民主主義なのであろう。

もちろん、民が主だなどという国は事実上存在し得ないだろうが、自由度のバランスはとれる。

その最適ラインがどこなのか知らんが、それはそれこそ民度というチューニングパラメータなのだろう。

それが無制限に上がるのが支配する側にとって面白くないことは想像に難くないだろう。

それを緩めるのは、管理のメリットよりデメリットが大きいときだけである。

つまり、ゴミの出し方の技術である。

ということは己の、体制側との戦争駆け引き(読み)の一部としてインプットしておかねばならんよ。

ここで13日の金曜付けのアイルランドタックスヘイブンであることを思い出してもらいたい。

租税回避の元締めは元々イギリスである。 パナマ文書はシナリオだろう。

先頃辞任したが、久々にメイ首相というまともな政治家が政権をとったのは偶然ではない。

だが、EUからの離脱交渉が出来るリーダーなどおらんだろう。 それは単なる民意の代表なのだ。

そして、それが民主主義じゃないの。 個人的に意見の違うメイ首相はあえてそれを見せたのだ。

チャーチル曰く「民主主義は最悪であるが、他のいかなる政治形態よりマシ」ということだが。

日本のパナソニック(松下)英法人は、租税回避企業だと思われるのを怖れオランダに逃亡した。

K-1元世界王者の魔裟斗の言う、内側にかわすってやつですね。(ロ_ロ )ワカリマス ワカリマス

どこも似たり寄ったりだろう。 どうせ太らした豚(大企業)だけが標的だろうから。

日産は税制を優遇するなら残ってもいいと英国政府と直に交渉していたが、結局日本に戻る構えだ。

そもそも、域内ではゴーン逮捕の件で日本に無茶苦茶因縁つけてたフランスが幅を利かせておるのだ。

ボリス・ジョンソンなどは、見るからに馬鹿な民主の保守党を演じるピエロであり偽物だ。

いずれにせよ、この状況は(英)国民のマインドに影響を及ぼす。 そこが真の狙い(ジンテーゼ)だ。

 

トランプはアメリカの株式市場から中国企業を追い出そうと考えている。

これは”国家”としては当然であって、オープンじゃない国に対してオープンにする理由がないのだ。

もっともアメリカなる国家は存在しないので、それを俺に突っ込まれたことに対するポーズである。

日本に政府が存在しない、というのも同様。 しばらくは日本の政府のフリをするだろう。

トランプもロスチャイルドのパペットであることは、イスラエルとの繋がりで明らかだ。

アメリカ国民は、だからトランプじゃ駄目なんだと思わせるように、これから思考誘導されていくハズ。

その役割にスコティッシュ・メーソン、トランプ自身が反することもないだろう。

日本と同様、ほぼ全員白痴化政策は功を奏しているが、底力というのはお互い未知数だ。

世界を統一したいと思う者達は、それが民意と共鳴したときに一気に実現することを知っている。

単純に手間やリスクの問題であるが。 なんせ何百年もの膨大な資源、エネルギーをかけた陰謀である。

目覚めもまた一気に押し寄せることを知っているやつらは慎重だ。<●>   |۞>ジト

 

薔薇の十字架 その174

「あなたがたは言った、『神に仕える事はつまらない。
われわれがその命令を守り、かつ万軍の主の前に、悲しんで歩いたからといって、なんの益があるか。
今われわれは高ぶる者を、祝福された者と思う。
悪を行う者は栄えるばかりでなく、神を試みても罰せられない』」マラキ書より

 

消費税10%に突入という狂気の沙汰で、俺を除く!日本人全体の信用が世界的に喪失しとる昨今。

MMT理論なるものが忽然と出ておるが、以前言ってたことを発行体ドリブンで説明しただけのものだ。

 

ベトナムドンなんて、社会主義国なのに(だから?)超インフレだからね。

不換紙幣のお金持ちになる体験だけなら誰でも出来る。 不換紙幣は国の株のようなものだな。

あれ、ドン=ドル(ペッグ)ってことだと思うけど。 イルミナティ株式会社デフォルトしねーじゃん。

主体、視点の転換というのは大事だよね。(ロ_ロ^)ウンウンウン

要は、一億皆亜流用民なのだから、精神的な責任主体がおらんという状態なのだ。

そういう意味では有効だろう。 シムシティ市長になってみるようなものだ。

財務省もつまらんものを作っておるが、あれは増税支持者を増やそうとしている無駄遣いである。)

一般人は発行体の主体になることはないのだから、不要と言えばそうなんだが。。

今や俺様電子屑くらいは発酵出来る御身分なのだから、もちっと賢くならないとな、というのはある。

そうでないなら、民が主だなどとは建前論でも言えないってことになるよね?

そんなんじゃ舐められて当然なんだよ。 民が主て”船頭多くして(ry”ってなエライことなんだから。

テッペンからつま先まで相互牽制&監視社会ってことかな~(  ̄- ̄)トオイメ

それ自体にコスト掛かるけどね。 コスト=金じゃない意味でも。

身を守ったり、正しい社会に仕向けていく鍵を握ってるのは”国民力”なのよ。

甘やかされた財務省のヘタレ小僧共を、主である民の私刑によりガタガタ言わす意味でもな。

 

政府が闇雲に支出すりゃいいってもんじゃないよ。 三橋はいつもそこのピントがズレている。

それじゃユダ金と同じじゃねーか。 政府の負債を国民への税金で回収するなというのが本質で。

政府が返すものじゃん。 俺は関係ない。 だからどんな形でもケジメ取らせてもらうんで。。

泥棒が国家だったら許されるってことはないんで。

麻生だって、負債は(札を)刷ればいいって言ってるんだから。 実際刷ってるじゃん。

要は民意と無関係な政府負債や権利関係主体の問題なわけで。

特定の層だけ、とかテメーらの都合による差別化のための、もしくは保身のためのみの支出なんだよ。

政治家、警察とかマスコミとかを調教したりね。 そもそも反社会的な犯罪組織と断言していい。

苦情はこちらへ→罪務省 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Tel(代表)03-3581-4111

ユダ金=中央銀行は、おまえらヘタレ債権者共から国債買いとって政府脅せるから権利主体になれるの。

やつらが国民から取り上げて払えと言えば債務者はいいなりだろ。 ”発行主体”じゃなかったら。。

勝手に刷れるから回収する必要すらない。 それは労働搾取とインフレ抑制だな。(だがデフレだ!)

俺は経済学部中退だが、経済学なんて学問があり得るのか?というそこはかとない疑問はあった。

だが、学問たりえる研究の余地があると考えれば興味深い現象かもね。量子化されてるし。

さて、真に民主的な国家はあり得るか? という壮大なテーマを双方の人畜共に叩きつけたい。

(俺なら建前を”飲ませる”が) クールジャパンな皆の衆の明日はどっちだ!<●>(関心はない。)

<۞>Ψಠﭛಠ m9◥(o_o)◤ψ ʅ(ツ)ʃ<●>π