ひまわり

ひまわり

ディクロニウス文明来たる!! ( ・ิω・ิ)ナンノコッチャ  (  ) (  ) シ~ン

メイプルの木霊

なにか仏教の影響を受けたような、自作の赤い鬼(?)のような絵が掛けてある。。

ひょっとして、閻魔の知り合いなのか?

「なんでこんなところにお肉ついてるのー? プニプニ~w 赤ちゃんみたい。」

あー、ストレッチとかヨガなのかな~。 なんか自粛中の運動というか。。

「私もヨガマットでやるよ~。」

え?え?( ';゚;ё;゚;) どんな?

ジタバタバタ(クロールの真似。) それ、ヨガじゃない。

「太っちゃったから痩せたいもん。 こんな足がいいのにね~。」

あ”~~~! それだけは許さんぞ~!!( °Д°)クワッ 俺は食っても太んねーだんよ。

このひとには真の心眼がある。

おまえ(閻魔)がもしも女だったら、、きっとこんな美人で愛嬌がある人なんだろう。

でも神話をよく見てみろ。 女神は怒って石に変えただの。。 完全なパワハラですがな。

蓮は泥より出でて泥に染まらず、か。 大したもんだ。

 

あっそうだ。 事件というか、チェロの駒が割れてしまったんだった~。 ショック(´ཀ`

歯槽膿漏だか、歯みがきのときに血ぃ出るし。(´ཀ`

やっぱ、慎重にいくべきだったのかね~。

位置もこんな感じで中心に合わせて。

 

角度も合わせると。

滑りというのも大いに関係するようで、弦溝の部分に濃い鉛筆を塗るとかの工夫が大事ですな。

で、チェロの駒の価格を見てみると、Amazon なんかでも 3~4000円はするね~。

ちな、チェロの駒にはフランス式とベルギー式のがあって、手持ちのものはベルギー式だったんすな。

なんか安いやつもあるんだけど、これは(カスタマイズは)ご自由にってやつかな。

要するに、こういう作業が必要になると思うんだけど。

 

美しい。 が、にわかにはちょっと厳しいな。

本来、これだけの調整作業が必要になるんで、そこらへんを”やってもらう”ってことだったんすな。

(結局は、自分で出来たほうがもちろんいいんですが。)

ワンド制作の際に触れた精神

  • 燃え上がる意思の力
  • はじめの一歩、行動を起こす力
  • 情熱を継続させて目的まで近づく力
  • あたりを照らし元気にする力
  • 生命力の源、体のエネルギーの力

という感覚を思い出す。

おもむろに、ワンドにワイヤとタコ糸とグルーガンでクリスタルを接着した。

ホントは浄化聖別が必要なんだってよ。 羽もつけてないが。 ようわからん。

にしても、消音機とかチューナー、替え弦、矯正用ガイドとかいろいろ欲しくなっちゃうな~。

 

イカイカン駒をどうするか、だな。

なんか、戒めのためだったようで。。

ふとグルーガンを使うように言われているような気がして、割れた駒をくっつけてみた。

一見頼りない感じだったけど、意外と強固にくっついてて指で割ろうと思っても割れない。

これならと、今元通りにチェロに立てて弦張って収まっている。

グルーガンなんて一体なんに使うんだ?と思ったが、不思議とバンバン使っとるやん。

モノたちの協調を感じる。

とりあえず、自然と新しいのものが手に入るまではこれを有難~く大事に使いましょう。

いや、この割れて復活した駒こそは、一生の宝物になるのかもしれないな~。

なんにせよ、石にされんでよかったw 神界の森(喜朗)じゃないんだからね。